文学座・石井麗子 ☆Official Blog
by ishiireiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 81 )

最後の稽古~初日まで3日~

今日は稽古、最終日



「かどで」「好晴」と一回ずつ通して、搬出作業にかかりました。
たくさんの小道具や家具なども、みんなで手際よく梱包して運びだし、
レンタカーのトラックに積み込みました。

運転は世古陽丸さんです。
トラックの運転ができるなんてすごい!


世古さんはトラックの運転だけでなく、
小道具の尾頭付きの鯛も作って来て下さいました。
ど・・・どうやって作ったんでしょう・・・・・・・スゴイ!
本当に器用な方なんですね!

さて、この鯛クンたちが一体どこに出て来るのか・・・は
劇場にいらしてからのお楽しみです



by ishiireiko | 2006-03-13 23:21

通し稽古~初日まで4日~

この芝居、
昭和初期の浅草にある“袋物屋”の職人さんの細工場(さいくば)が舞台なので
職人さんの役者さんたちは、工場を見学しに行ったり
自分でいろいろと研究を重ねたりしていろいろと工夫しながら
毎日芝居のほうも変わって来るのでとても面白いです。


芝居と連動しながら作業も休まずに続ける」というのはなかなか難しいもので
仕事に集中してると、自分のせりふのきっかけをうっかり忘れてしまったり、
自分のせりふを言ったり、相手のせりふを聞くことに夢中になっていると、
ついつい手がおろそかになってしまいます。


でも「それじゃぁ、クビになるよ」と、演出の大間知先生に笑われてしまいます!


普段のその仕事が、もう身体に染み付いている職人さんたちにとっては
作業しながらお喋りするなんて簡単で、きっと何も考えずに手が勝手に動いてしまうのでしょうが
役者がその職人さんになりきるということはとっても大変なのです。

しかも、「このセリフの時にこういう作業をしていたい」とか
「この人がこう言う時に、こうしてなくてはいけない」という、芝居の決まりごともあるので
それに帳尻合わせるのは並大抵のことではありません


でも、だからこそ、観ている方はとてもエキサイティングで面白いのですが・・・


そんな難しいお芝居なのに
この何日間でみるみるスムーズになってきて
皆さんの手つきもだんだん本格的になってきました!スゴイ

少しタイミングなどが合わないところは、
役者さん同士で何度も合わせてやってみたりして、少しずつ解消していきます。


“何が起こるかわからない”芝居の本番ですから
それに備えてしっかりと固めていくのはとても大事、
観ているわたしもワクワクします
(わたしは、この場面には一緒に出ないので、いつも“観客”なのです)

ですから本番では、役者の“顔”ばかりでなく
“手元”の細かい作業もぜひご覧になってくださいね


by ishiireiko | 2006-03-12 22:39

カバンもカルイ~初日まで5日~

今、「かどで」の稽古場に向かう途中です
今日は本当に気持ちのよいお天気になりましたね、春爛漫


重たいコートも脱ぎ捨てて、身も心も軽くなった気がします
昨日のドラマリーディングがうまくいって、ハッピーに終わる事ができたお蔭かもしれませんが…
実際にカバンも軽い!
それもそのはず…
このところ、お稽古掛け持ちの日も多くて
朝は日舞の稽古、午後は「かどで」、夜は「ピンター」なんてこともありました
当然、その分荷物も増えるのです
慌ただしかったけど、内容の濃い充実した日々でした


さて、今日からは来週木曜日初日の「かどで」の稽古に集中して
最後の仕上げにかかります!


2本立てなので、もう1本の「好晴」のほうも楽しみです


by ishiireiko | 2006-03-11 17:01

リーディング

楽しかった〜!
リーディングにしてはたくさん稽古をして積み重ねて来たこの「灰から灰へ」という芝居
やればやるほど新しい発見がありましたが、今日もお客さまが入ってから随分変わりましたねー
冷たい雨のなか、わざわざお越し頂いたみなさま、本当にありがとうございました!
文学座からも、本山可久子さん、山本道子さん、富沢亜古さんがいらして下さいました。
ありがたや〜
終わってからは、早稲田大学近くの素敵なレストランで打ち上げ、盛り上がりました!


写真は左から、瀬戸口郁くん、私、神野崇くんです
一緒に写真を撮れなかったのですが、コーディネーターの谷岡さんはほとんどの稽古に参加して下さって、とてもいいチームワークでした。


by ishiireiko | 2006-03-10 19:46

ドラマリーディング

明日3月10日、早稲田大学でドラマリーディングがあります。

昨夜「かどで」の稽古が終わってから、そのリハーサルに行ってきました。
文学座の稽古場で何度か稽古してきましたが、空間が変わるとまた違った感覚が生まれるので面白いです。
文学部の演劇映像実習室はとてもイイ空間で、きちんと照明も作って本格的になりました。
そんな中で、また新しい発見もありましたよ。



明日は14:00からで、どなたでもいらして頂けますし、入場無料ですのでぜひお越し下さい!
詳しくは私のHPへどうぞ。
それでは「かどで」の稽古に行ってきま〜す!


by ishiireiko | 2006-03-09 11:55

出演者のご紹介②~初日まで8日~

職人三のさん・世古陽丸さん



 


もと「近常」にいた職人・彦市中平良夫さん



左から、職人五のちゃん・林健太郎さんと、職人四の平吉吉岡健二さん



 


職人二・山口眞司さん



 


「近常」子飼いの職人の秀太郎高木博安さん



by ishiireiko | 2006-03-08 23:32

出演者のご紹介①~初日まで8日~

今日は一気に出演者、そして演出家をご紹介いたしま~す!


まずは、この袋物屋「近常(きんつね)」のおかみさんのおのぶさん・
片岡静香さん



そして演出家・大間知靖子さん


左から、女中のお兼ちゃん・袴塚真実さんと、もと近常にいた女中のおせん・石井麗子




 


職人一の喜三さん・野村昇史さん



 


by ishiireiko | 2006-03-08 23:31

みつわ会『かどで』『好晴』~初日まで15日~


3月16日(木)~22日(水) 品川 ・ 六行会(りっこうかい)ホールにて


第9回 みつわ会公演 久保田万太郎『かどで』『好晴』 


私も客演させていただくことになりました


3月 16日(木) 17日(金) 20日(月)         7:00PM~
    18日(土) 19日(日) 21日(祝) 22日(水)   2:00PM~


料金: 前売 4000円  当日 4500円 学生2500円(当日のみ)  
          (日時指定・全席自由・税込み)

チケットのお申し込み: みつわ会事務局 03-6820-6660



みなさまのご来場を、一同心よりお待ち申し上げております


 


by ishiireiko | 2006-03-01 23:08

世にも~初日まで16日~


お久しぶりです!


私は今、みつわ会公演『かどで』の稽古に入ってます。
久保田万太郎のなんとも言えずとても素敵な芝居です。


思えば、昨年の12月に『毒の香り』公演の旅を終えてから、もう2ヶ月以上経ったのですね・・・
みなさま、その節はいろいろとお世話になりました!

新しい年に変わり、また新たな気持ちでがんばっております


このところ、めずらしく(?)忙しくって、なにやらバタバタとしております。
先週は、CX『世にも奇妙~』の春の特別篇「命火」というドラマの撮影に行きました。
長谷川京子さんの主演です。
私の出番はあまりありませんが、結構イイお話なのでオススメです。
私は、サキちゃんという女の子の母親役でした


by ishiireiko | 2006-02-28 23:02

旅公演終了!

お陰様で、旅公演も無事に終了しました!
各地で暖かくお迎え頂きまして、本当に本当にありがとうございました。

ブログ読者の皆様、旅公演中に全然更新できなくてごめんなさいね。
なんだか毎日バタバタしているうちに、あっという間の短い旅公演で
気がついたら千秋楽になってました。

でもぎゅっと詰まったスケジュールでやっぱりちょっと疲れていたようで
土曜日、前橋での公演のあとに帰宅したのですが
なんとなく熱っぽくて、昨日・日曜日はクシャミ連発+身体がシクシク痛い・・・
「まずいな~高熱でたらいやだな~」と心配してましたが
今朝起きたらだいぶ良くなってきたので、まぁ大丈夫だと思います。

それにしても、東京寒いですね~


旅公演の中では、沼田という所が一番標高が高くて寒かったかな。
終演後、楽屋から出ると息が真っ白で気持ちよかったです。
すぐ近くにスキー場や温泉もあり
美しい山々に囲まれ、空気が澄んでいてたくさん深呼吸をしてきましたよ。
この沼田では交流会も開いてくださって、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます。


沼田には「日本三大天狗」と言われるほどの大きな天狗が設置されてるそうで
お祭りの時には飾られるそうです。
駅にもこんな天狗さんが飾ってありました。
その前でお話している、塚本景子さんと岡寛恵さん(左から)



 


沼田駅から望む美しい山々を眺めながら
物思いにふける(?)名越志保ちゃん。
真っ白な雪で覆われている山もありましたよ。
ホテルの窓からはもっと美しく見えたのですが・・・
写真撮りそびれちゃった、残念!



 


旅公演最終地、前橋では3日間の公演でしたので
2日目の昼間はゆっくりすることが出来ました。
そこで久しぶりに映画を見ました。
マイク・リー監督の『ヴェラ・ドレイク』
とても興味深い役者さんたちが出ていて、本当のドキュメンタリーみたいでした。
映画館からの帰り道、町の中の小川で可愛いカップル発見!



by ishiireiko | 2005-12-12 10:20