文学座・石井麗子 ☆Official Blog
by ishiireiko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
文学座HP
http://www.bungakuza.com/

外部リンク
grow up!
カテゴリ
全体
舞台
生活・東京
映像のお仕事
おしらせ
生活・ロンドン
未分類
最新の記事
ひな祭りの決意
at 2012-03-04 00:32
snowing
at 2012-02-29 10:28
ほんとかな
at 2012-02-29 00:23
舞台写真
at 2012-02-28 23:08
通い慣れた道
at 2012-02-28 15:47
頂いたお花たち
at 2012-02-25 16:49
次のステップ
at 2012-02-25 16:15
名残
at 2012-02-21 13:46
飛鳥時代
at 2012-02-20 22:10
舞台『三人姉妹』無事終了
at 2012-02-19 18:43
以前の記事
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
more...
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無事帰国

無事戻りました!

とにかく、有明教育芸術短大の留学期間である2週間は、朝から晩まで本当に忙しかったけれど
学生たちにとっては本当に実りの多い素晴らしい体験になったようで
本当によかったと思っています

このブログも、結局ロンドンからはほとんど更新できなくて残念でしたが・・・

当然と言えば当然なのですが、日本語を打てるPCって意外とないんですよ

打てないばかりか、ホテルのPCなどでは漢字部分が□で表示されてウェブサイトを読むことすらできないこともしばしば
そんな場合は、ニュースをなぞ解きしながら読むような感じ(笑)

なので今回は、Rose Bruford Collegeに前もってお願いしておき、日本語対応のPC2台を用意してもらったので本当に助かりました(学生寮にも1台、後半は2台とも置けましたので)

とにかく現地に到着するまで大まかなスケジュールしか聞いていなかったので
大学初日にはすぐにRBCの学長と打ち合わせを行ない、とりあえず第1週目の予定を決定し、学生たちに配布

大学にいる日は授業の通訳の仕事もあるので、その合間に学生たちに生活上の問題点がないか確認したり、今後の予定を説明してそれぞれの要望を出してもらい、それらをまたEarley学長へ報告して調整、変更に走り回り・・・

スケジュールもびっしりで

月・火・木・金曜日は大学で朝から夕方までびっしり授業

水・土・日曜日はロンドン市内の観光、劇場・美術館などをみてまわり・・・

観光の日は特に朝から晩まで、あちらこちらを効率よく回れるように配慮したので
たぶん、普通の観光客が2,3日かかるところを1日に詰め込んで回れたのではと思うくらい
充実した1日、1日になったと思います

SummerTimeで、夜の9時過ぎまで明るいため、遅くまで行動することができ1日が長いおかげもあったかな

それに、驚くほどに天気に恵まれ、ロンドン市内で歩き回る日にはたいていいいお天気だったのもラッキーで(珍しいことです!)
時々雨の日もあったけどそれはちょうど「大学で一日授業」という、あまり天候が響かない日だったり

ただ一日、観光の日だった8月7日(日)は、午後に一時間くらいひどいどしゃ降りになったけど
当初予定していた「あさ、English Breakfast食べてからGreenwichに行こう」という計画を
天気予報を見て「屋内のV&A美術館に行こう」とSouthKensingtonを探索するコースに変更したお蔭で何とかセーフ
Haroodsにも寄って、夕方には晴れ上がった空の下、BigBenの写真をいっぱい撮ることもでき、
その近くからフェリーに乗ってロンドンを一望しながら帰宅、みんなロンドンを満喫してました

今回、私にとってもステキなギフトは
2007年ナショナルシアターで初演したときに話題になっていたものの見そびれたまま、日本に帰国移住したため心残りになっていた舞台「WarHorse」を見ることができて感動

しかも終演後はStagetourもさせていただき、眼の前で馬やグースの人形を動かして見せていただき
翌週には、馬を操るメインの俳優、Steveによる演劇ワークショップも大学で2日間行ない、通訳もさせてもらって、本当に素晴らしい体験をすることができました

そして12名の学生たちとは、寝るところは違うものの、ほぼ家族のように過ごしていたので
彼らがお互いを助け合い、そして理解し合って、ともに感動し、笑いあって楽しんでいる姿を見守りながら

2週間という限られた時間で少しでも充実した楽しい時間を過ごすために手助けができたらいいなと思って来た選択は間違っていなかったと思いました

この渡英にあたり、いろいろと無理をして周りの人にもたくさん支えられて何とか実現したようなものだったので、本当に大変ではありましたが、
こんな風に誰かのために動けること、それが少しでも助けになったのであれば私も嬉しく思います

思えば、子供の時はもちろん、20歳で文学座に入ってからもいつもいろいろな方にお世話になってばかりの人生だったので
こんな私でも人の役に立つこともあるのかと、ちょっと目から鱗な気分だったのですが
これからは今までの「借金」を、少しずつでも払っていけるといいなぁなんて、ロンドンの空の下で思いました

かなりたくさん借金ありますが(笑)

とり急ぎですが、帰国のご報告…と思ったら、またしてもとりとめのない話になりました
写真はまた次回に

11月は文学座の舞台もあり、9月末から稽古かな?

栄養いっぱいもらったので、また頑張ります!

時差ボケで、3:30に目覚めた麗子より
by ishiireiko | 2011-08-21 06:29 | 生活・東京